美肌美人に欠かせないコラーゲン料理の知識とレシピ集。

Collagen Recipe collection.

コラーゲンと美肌゚・*:.。. .。.:*・゜

年齢とともに失われるコラーゲン

残念なことですが、年齢とともに新しいコラーゲンは作られにくくなり、古いコラーゲンが体内に残ってしまうようになります。
古いコラーゲンは新鮮なものに比べ柔軟性がなく、また、繊維同士に隙間がなくなり水分も保たれにくくなるなど、いろいろな障害が起こってくるのです。
弾力があるからこそ、きちんと保水力が機能していたものが失われてしまうというわけです。

コラーゲンの体内量は20歳代までが最も多く、それ以降は減少傾向にあり、40歳代ではその量が半分になってしまうそうです。

なので、30代からアンチエイジングやスキンケアのキーワードが注目されて、高保湿スキンケア商品やコラーゲンドリンクなどお金をかけても美肌を手に入れたいのが女性の真相心理なわけです。。

真皮でのコラーゲン合成能力が若さの決め手

基底層は真皮と接しており、真皮でのコラーゲンの合成能力が盛んであれば、表皮細胞の新陳代謝もスムーズに行われます。
ところが、コラーゲンの合成能力の衰えとともに、表皮の新陳代謝のサイクルも遅くなり、老化の原因になってしまいます。
古い角質層がいつまでも表皮に残るため、肌のかさつき、くすみがだんだんと出てきます。
目じりなどのしわは、 コラーゲン繊維の弾力が衰え、ひずみが出て皮ふが萎縮したためにできるものです。真皮でのコラーゲンの合成と分解のバランスをとる能力がお肌の健康、若さを決めるといっても良いでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

Copyright © Collagen Recipe collection. All Rights Reserved.